皮下脂肪燃焼の仕組みは?

皮下脂肪燃焼の仕組みは以下の通りです。
運動等により脂肪燃焼酵素リパーゼ(以下単純にリパーゼ)が活性化し脂肪を分解し、遊離脂肪酸として血液中に放出され、筋肉(ミトコンドリア)でエネルギーとして消費(燃焼)されます。
簡単にいうとこのような仕組みです。運動等で皮下脂肪を燃焼させる場合には、個人差がありますが、20-30分はかかります。

サプリメント等を使えばこの時間を早める事ができます。この一連の仕組みにおいて、特に注目してもらいたいのがリパーゼの存在です。
このリパーゼとは、膵臓(すいぞう)や、胃から分泌される脂肪分解酵素の事ですが、蓄積された皮下脂肪や内臓脂肪を減らす働き、つまり、脂肪をグリセリンと脂肪酸に分解し、血液を通して筋肉に運び、体内のエネルギーにする働きがあります。

皮下脂肪を燃焼させる為には、このリパーゼの働きを活性化させる事が重要です。
このリパーゼは運動時・空腹時に体内で分泌されるアドレナリンの影響により活性化します。

一連の流れで筋肉に向かった脂肪を分解して作り出されたエネルギー(遊離脂肪酸)は細胞毒性があり、そのままの状態ではでいられないので、筋肉で消費されなかった場合には再度脂肪になります。

1

皮下脂肪はサプリメントや漢方で燃焼できる?

皮下脂肪を燃焼させる効果を謳っているサプリメントや漢方は複数ありますが、それらには本当にそのような効果はあるのでしょうか。
皮下脂肪を落とす効果が期待出来るサプリメントは、カプサイシンや黒酢、生姜などの脂肪燃焼効果の高い成分が多く含まれており、燃焼系サプリと呼ばれることもあります。

一方の漢方は脂肪燃焼効果だけではなく、利尿作用や発汗作用を期待することが出来る物が多いようです。
サプリメントも漢方も、飲んだだけで皮下脂肪を落とすことは出来ませんが、落としやすくする効果は期待することが出来ます。

運動を行う前に、サプリメントや漢方を服用することにより、脂肪燃焼効果を高めることが出来る可能性はあるでしょう。ただし、注意しなければならないこともあります。
それは、配合されている成分によっては、日頃から医薬品を服用している、妊娠の可能性がある、胃腸が弱いという体質の場合には、服用を避けたほうが良い場合もあるということです。
気になることがある場合には、事前に医師などに相談をするようにしましょう。

なお、皮下脂肪を落とすためには、運動と食事制限は必須ですので、ある程度の期間をかけて行なうようにしましょう。

2

皮下脂肪を燃焼させる食事や食べ物とは?

皮下脂肪を燃焼させる効果がある食事の際の食べ物は、まず、大豆製品が有ります。
大豆製品には大豆たんぱく質があり、大豆タンパク質には、βコングリシニンという成分があります。

この、βコングリシニンは血中の中性脂肪・コレステロールを抑える働きがあります。
その事により血液がサラサラになりますので、体温・基礎代謝が上がりますので、皮下脂肪が燃焼します。
大豆製品には、豆腐・おから・味噌・きなこ等が日常の生活で簡単に食べる事ができます。

次に、豚肉があります。豚肉には、L-カルニチン・ビタミンB群・アラキドン酸の成分があります。L-カルニチンは代謝を上げる働きがあります。ビタミンB群も脂肪を燃焼させる効果があります。
アラキドン酸は別名幸せホルモンと言われており、脳に刺激を与え満腹感を感じさせやすくなりますので、食事の際の過食を防ぐ事が期待できます。

豚肉も油があるので、食べ過ぎは厳禁です。更に、オレンジも皮下脂肪を燃焼させる食事の際の食べ物の一つです。オレンジには、イシトールという成分がります。

当該成分は、体内の脂肪の流れを良くし、体に余分な脂肪がたまる事を防ぐ効果に加えて、血液をサラサラにする効果もありますので、基礎代謝を上げ、皮下脂肪を燃焼させる食べ物の一つです。

3

皮下脂肪を効率よく燃焼させる期間とは?

長期間蓄積された皮下脂肪は、ただ闇雲にダイエットをしてもなかなか落とせませんので、効率よく燃焼させる方法を知っておくことが重要となります。
そもそも皮下脂肪とは、一日の消費エネルギーよりも摂取カロリーの方が上回った時に、消費されなかったエネルギーが脂肪として蓄積されたものです。

そのため、食事制限をしてもあまり効率よく燃焼することができません。
そこで行いたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は激しい運動ではないため、ある程度の時間続けて運動をすることができますので、蓄積されたエネルギーをどんどん消費していくことができます。
さらに有酸素運動に加えて、筋トレを行うとより効果を高めることができます。

その理由は、筋トレをすることで分泌される成長ホルモンにあります。
成長ホルモンは筋肉を育てる作用を持っていますが、それだけではなく、脂肪を分解する作用を持っていますので、皮下脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれるのです。
ですので、有酸素運動でどんどんエネルギーを消費しながら、筋トレで燃焼しやすい体にしていくことで、効率よく皮下脂肪を落としていくことができるのです。

ただし、運動をすればすぐに脂肪が落ちるというわけではなく、長期間蓄積されてついた脂肪を落とすには、ある程度の期間が必要となることを知っておきましょう。

4

水泳だとどのくらい時間がかかる?

皮下脂肪を水泳で燃焼させる時間の目安は最低20分以上です。運動をしても皮下脂肪はすぐには燃焼しません。
一連の流れは、運動によりアドレナリンが分泌され脂肪燃焼酵素リパーゼが活性化されます。

脂肪燃焼酵素リパーゼが脂肪を分解して遊離脂肪酸として血液中に放出し、筋肉(ミトコンドリア)でエネルギーとして消費し燃焼します。
脂肪がエネルギーに変わる時間が最低20分以上だと言われています。従って、水泳で皮下脂肪を無くす為には20分以上は行わなくてはいけません。
最低20分以上を目標として、60分程度を目安にすると良いです。

というのも、皮下脂肪を落とす際の有酸素運動は、酸素を適時補給しながらできるだけ長時間連続して行う方が効果的です。
水泳も有酸素運動の一つですが、消費カロリーが凄いです。クロールを1時間行った場合の消費カロリーは男性で1337kcal・女性で1039kcalです。
平泳ぎの場合で、男性が700kcal・女性が544kcalです。

普通の成人の必要カロリーは男性で2150~3400kcal、女性で1700~2800kcalですので、体に無理がかからず、その他の生活に負担がかからない程度の有酸素運動としての水泳は、60分程度を目安とした方が良いです。

5

関連サイトを紹介!

皮下脂肪の燃焼の仕組みや効果的な食べ物、どんな運動をすればいいのかについて説明していきましたが、サプリメントや漢方なども効果が期待できます。

特に話題になっているのが生漢煎という漢方薬です。

生漢煎には色々な成分が含まれていて、様々な効果が期待できますので、興味があれば、生漢煎について詳しい情報が載っているサイトを見てみてください。

生漢煎